KURAGE online | 給付金 の情報

KURAGE online | 給付金 の情報

「 自治体 」 の情報 

元国税が教える「ふるさと納税」の今と未来と賞味期限。節税で最大限「得する」方法

具体的に言えば、自治体に寄付をすれば、所得税、住民税などが、寄付金 ... 2020/7/1) 「『鬼滅の刃』制作会社の脱税」「持続化給付金は天下りの

今現在、愛媛県内で感染拡大による飲食店の時短要請が再び延長、外出自粛要請延長などが出され ...

東京や大阪では2,3週間かかって5~6割の事業者に給付金が入ってくるという状況です。 今は各市町の自治体が独自で支援策を打ち出しています

対面入社式は意見二分 コロナ影響の企業調査

国や自治体、金融機関の各種給付金や融資などの支援策を利用した企業は73・3%(44社)で、今後利用する可能性があるとした

地方を崩壊から救う3つの「スマート」とは

デジタル化が進んでおらず、給付金の支給が人海戦術になり、極めて非効率であったことは、どの自治体も経験しているところだと思う。コロナ禍に

コロナ失業の元ホスト 困窮と職探しの日々

自治体からの給付金で家賃の大半をまかなっていますが、それでも光熱費や携帯代など合わせて月に1万円ほどの出費があるといいます。そのため、

個人情報保護、国際展開の課題に 利用者の不安拭えず―LINE

国内で8600万人が利用するLINEは、自治体の給付金申請に使われるなど、有力な情報インフラの一角になっている。利用者を守るには、

個人情報保護、国際展開の課題に=利用者の不安拭えず―LINE

国内で8600万人が利用するLINEは、自治体の給付金申請に使われるなど、有力な情報インフラの一角になっている。利用者を守るには、データ管理や

コロナ禍で若い女性支援を 上田路子・早大准教授に聞く

政府や自治体は一時的な給付金支給だけではなく、失業した女性が別の仕事に就くための職業訓練など、雇用と収入を守る仕組みづくりを急ぐべきだ

三重の下半期景況調査 4期ぶりに増加 給付金などで改善 観光事業者からは「厳しい状況」

県商工会議所連合会では、1983年の統計開始以来、最大の減少幅となった前回調査から一転、給付金や補助金、消費喚起策など国や自治体の支援策の

【セーフティーネットとは?】不況・コロナ禍における課題について考察する

加えて国や自治体による助成金や給付金には、「企業の存続を支えるセーフティーネット」「個人の生活を守るセーフティーネット」としての役割が

Copyright© KURAGE online | 給付金 の情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.